機能性医学の考え方2018/01/01 13:56

  from 斎藤糧三『慢性病を根本から治す』(2015年発行)

※  機能性医学とは、氷山の大部分を占める慢性疾患の原因(海
    面上に現れているのが症状や検査結果)を探って、生活習慣
    の改善や栄養バランスの是正などにより、医師と患者が二人
    三脚で慢性疾患に立ち向かう。

Part 1 慢性疾患の隠れた原因

    心臓病、動脈硬化、便秘、精神的な悩み、頭痛、
    アトピー性皮膚炎、むくみと冷え、シミ

Part 2 7つの視点から捉える慢性疾患

    防衛と修復(免疫と炎症の仕組み)
    消化と吸収(腸の時代のポイント)
    解毒(肝臓を正しく働かせる)
    コミュニケーション(栄養素が気持ちを左右する)
    運搬(体内の循環システム)
    エネルギー(細胞内にある小さな発電所)
    組織構造安定性(筋肉や骨格が身体を支える9
    
Part 3 慢性疾患を改善する5つの習慣

    ケトジェニックダイエットとは?
    ストレスへの対処法
    運動が健康に与える影響
    睡眠と休息をどう取るか
    孤独は喫煙より身体に悪い

ストレスへの6つの対処法>

step 1:目先の状態や環境に囚われず、「自分がどうなりたいか」
をイメージする。家庭、仕事、気分、体調等々と細かく設定する。

step 2:置かれた現状を整理(主観的に評価する)してみる。

step 3:現状と目標を明らかにしたら、それまでのステップを細かく
把握する。一歩一歩目標に近づくために意識的に行動することが
価値や評価の変革をもたらし、ストレス対処の近道となる。

step 4:現状とはこれまでしてきた無数の選択の結果であるから、
それを否定せずに冷静にすべてを受け容れて認める。そのうえ
で現状に向き合う気持ちをポジティブに変換する。未来に対する
希望を持って、前向きに向き合うようにする

step5:フィジカルストレスを除去する

step 6:起こった出来事、起こっている出来事を、どう評価する
かという認知は変えられる。この認知のコントールが、メンタル・
ストレスマネジメントでのKey となる。
・「自分がどうなりたいのか」を常にイメージする。選択に悩んだ
り、ストレスを感じたら、其処へ立ち戻り、評価選択の確固たる
拠り所とする。
・自分への「入力」が過去の記憶に基づいて、「快/不快」に区別
されていると自覚し、「揺るがない評価」を元にネガティブな情動
を持続させないように対処する。また、記憶に残らないようにする。
否認(大した事ではない)、離脱(問題ない、次へ行こう)、変更
(かえって良かったかもしれない)など、目標イメージと照らし合わ
せながら、認知の変更をv行う。
・変更の際、「忘れよう」とか「考えないようにしよう」などと、意識
し過ぎないこと。
・認知のコントロールを継続すると、呼び出されるネガティブな
情動を伴った記憶の蓄積が減少し、ストレス反応が減速して
行く。
・目標イメージを持って、常にそれに即した認知判断を積み重ね
ると、ストレス対処が効率的に達成される。結果、自己実現に
結びつく。