<勝負脳>#22018/01/19 08:30

from ibid.

モジュレーター理論>

内意識とドーパミン系神経との関係
 (※)外意識:外からの刺激に反応
    内意識:外からの刺激を受け止めて脳内で情報処理する

>脳内でドーパミン神経伝達物質を多く使うものには、記憶を司る
 海馬回と、喜怒哀楽の中枢である扁桃核がある。

 ドーパミン系神経は内意識によって齎される刺激や情報によって、
 何かを思ったり感じたりするという働きをしている。
 「心」と呼ばれるものは、この時に発生しているのであり・・・
 具体的には、脳の中の海馬回をはじめとするドーパミン系神経群
 が「心」の生まれる場所・・・人間の『意識」「心」「記憶」は海馬回で
 つながっていて、それぞれが連動しながら機能している。

 そして、海馬回をはじめとするドーパミン系神経群には、この三者
 の連動を適切に調節する働きが課せられていると思われる。
~三者の調節(モジュレータ)機能を果たすこれらの神経群を、「モ
 ジュレータ神経群」と呼び、「意識」「心」「記憶」は連動している理
 論を「モジュレータ理論」と名付けた。

>記憶は、脳が持っている様々な知能の根本となるもの。人間は
 記憶を基にモノを考え、判断し、表現している。その記憶が心と
 連動しているということは、知能が心と連動していることになる。

 (※)言葉を話す知能、数を計算する知能、etc.
「勝負脳」は、最も強く心と影響し合う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shoyuclub.asablo.jp/blog/2018/01/16/8960594/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。