<勝負脳>#52018/01/22 21:24

from ibid.

サイコサイパネティクス理論を応用する>

>目的と目標を明確にする!

 目的と目標をシッカリと区別して考えよ!

 最終的に望んでいる目的は何か?
 そこに到達するために必要な目標とは何か?

~優れた勝負脳の持ち主は、目的=勝負の結果 に執着しない。
 勝つためのGame Planを立て、何を目標に戦いを進めるのかと
 いうプロセスに、常に気持ちを集中させる。
 結果として、目的達成につながることを、たくさんの勝利経験か
 らイメージ記憶としている。

>目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する!

 自分はここまで出来ているけれども、ここが不十分なため、上
 達しないのだと認めること。
 これによって、課題解決のための具体的方法を厳しく津給でき
 る。負けた理由を分析し、それを解決する具体策を立てること
 が、目的達成の条件となる。

>目的達成まで、その実行を中止しない!

 目的や目標が達成出来ないと、いろいろな理由をつけて方向
 転換しようとする。脳を守る自己保存本能に従った考え方だ。
 しかし、そうした理由から、自分では賢い選択だと思って方向
 転換したとしても、最初に目指した目的から外れたという事実
 は変わらない。目的は達成されず、そこには計画したことが
 出来なかったという現実だけが残る。
 
 一度これを体験してしまうと、何をやっても、いつも目的が達成
 出来ない脳になってしまう仕組みが人間の脳にはある。

~迷った時は「初診に帰れ」で、最初の目的を常に忘れずに努
 力していると、遅かれ早かれ”力”は必ずついてくる。大きな
 目的と正確な目標をはっきりと掲げ、目先の損得に囚われず、
 達成の努力を続けることが成功につながる。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://shoyuclub.asablo.jp/blog/2018/01/19/8962805/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。