『実践 快老生活』(渡部昇一著)2019/01/01 13:50

次なる世界を覗く ~宗教・オカルトについて~

>「未知なる世界」は存在するのか

死後の世界あるいは宗教の世界をどのように考えたらよいの
だろうか?

先ず、オカルトの世界があるかどうかを考える。
オカルトとは、科学では説明できない超自然現象のことである。
この世界がないと思えば宗教の世界もなくなる。私はオカルトの世界
はあると考えている。

~カント『視霊者の夢』
  カントは、霊魂の世界は理性ではどうにもならないから、学問の
  対象にはならない、と考えた。しかし、霊魂の世界自体を否定は
  しなかった。

~カレル『人間、この未知なるもの』
  この本を読んで、奇蹟というものについて深く考察することがで
  きた。彼は若い頃、<ルルドの泉>巡礼団に医師として加わった。
  ・・・ほとんど危篤状態の少女をルルドの水につけると、みるみる
  うちに治っていき、わずか数分で完治してしまった。・・・彼は、イ
  ンチキが多い社会ではあるが、本当の奇蹟もあり、祈りが効くこ
  ともある・・・この世の中には、「未知なるもの」があると・・・

>「神は隠れている」

神父と話して、カトリックに入るか入るまいかを考えた。
最終的には、パスカルのパンセを読んだことが決断につながった。
理性的な思考を重んじるパスカルは、神や奇蹟について真剣に考
究した。彼自身が2回も奇蹟を体験したからであった。
1654年11月23日、神の示現を目撃した
1656年3月24日、姪のマルグリットの病が瞬く間に治癒した
・・・彼女がポール・ロワイヤルの修道院にあったキリストの荊冠の
一部に目を押し当てたら、あっという間に治ってしまったのである。

パスカルは「神は隠れている」と述べる。求めなければ神は見えな
い。信じない者の前には、神は現れない。しかし、もし神がまったく
現れなければ、神を信じる人はいなくなる。
パンセの大半を占めているのは、宗教と信仰と人間の関わりであ
る。それについてパスカル自身は考え続けた。
・・・洗礼を受ける決心をし、(パスカル同様に神がいるほうにかけ)
入信に向かっての精神的秘蹟を行った。


今、私は入信して良かったと思っている。・・・改宗後も伝統的な日本
の宗教との深刻な断絶問題に悩むことがなかったことであった。・・・
日本の神道は本質的には先祖崇拝であるということ・・・先祖を尊ん
ではいけないという考え方はカトリックにはない故に、先祖崇拝の
神道はカトリックとは相反しない。

※ 日本における宗教共存である「本地垂迹」に相当するカトリック
  の考え方は、「煉獄」・・・天国に行くまでの中間的な所で、地獄の
  のように苦しむ所ではなく、・・・カトリックに改宗した人が先祖の
  ために祈りを捧げれば煉獄にいる先祖は皆天国に行けるという
  ことにした。

>宗教を信じて愚かになるのではいけない

宗教には良い面もあるが、悪い面もある。
宗教を信じるのであれば、その悪い面は信じないほうがいい。・・・
悪い面が出ると、端からみていても馬鹿馬鹿しいとしか言えないよ
うなことが起こる。・・・

宗教として信じるのなら、どちらかといえば簡単に天国に行けるもの
を信仰したい。(カトリックの場合をごく単純化してしまえば)終曲の
秘跡(サクラメント)を受けえいれば、地獄には絶対に行かないという
教えである。


 「95歳を過ぎた頃からは、死後にキリストの御許に行けるといった
  ことすら考えなくなった。死んだら虚空に消えるだけでいいじゃな
  いですか」  (中川秀恭 ICU元学長)

曽野綾子氏に、この話をしたら、「そういう方は、もう心がすべてバ
イブルに入りきっている方です」と仰った。
もし、95歳くらいまで歳を重ねれば、死ぬことさえ怖くなくなるのだと
とすれば・・・問題は、その境地に達するまでの間であろう。