「レベル3の視点」(ギャンブラーのぶき#1)2019/01/07 08:50

from https://www.lifehacker.jp/2014/08/140824_gambler.html

17年間(注、2014年8月24日の記事)、プロギャンブラーとして活動
している「のぶきさん」のお話:

のぶきさんは、大学卒業後、アルバイトで貯めた1000万円を元出に、
ビジネスとしてギャンブルをスタート。以来17年間、世界82カ国のべ
250カ所でカジノをわたり歩き、ポーカーをはじめとする"ギャンブル"
で安定的に生計を立ててきました。

>レベル1

「自分視点で動くこと」を指します。あくまでも主眼は自分のみとなり、
自分のことに対して一生懸命に努力はできますが、あくまでも自分
のことだけで精いっぱいというレベルを指します。

>レベル2

「相手を読む視点」が加わります。ポーカーなどのギャンブルの現場
でいえば、相手のカードを読むことです。勝負で勝つためにこれは
絶対必要です。そのうえで、いろいろ対策を講じられる。つまり、"彼
を知り、己を知れば、百戦殆うからず"(孫子)ということですね。

>レベル3

自分がどういうふうに相手から見られているかを知ることです。相手
が自分についてどこまでわかっているか、どう捉えているか、または
どう評価されているか、どこまで好意的なのか読むことを指します。

僕は、"レベル3の視点"を逆手にとって、カジノとタイマン勝負してた
時期は、バカンスで着るような服装で通っていました。水の入ったバ
ドワイザーを片手に、女性を両側にはべらせて...というようなカモフ
ラージュまでは僕はしませんが(笑)、誰が見ても、日本人の普通
の観光客のような感じで行きます。カジノ側からしたら、素人同然
の"いいカモ"を装うんです。見た目のギャップが結果的にお金を生
みだします。

さらにギャンブルの現場では、たとえば僕が9点のカードを持ってい
るのに、相手は僕の策略へはまり僕のカードを5点だと読み違えて
いる場合、僕は5点のカードを持っているように演じ切り、相手をう
まく引き込んで、お金を最大限に引き出します。

通常のビジネスの現場では、"レベル3の視点"が最重要のひとつ
です。言われたことをただやっておきましたよ、はい、納品完了と
いうだけではダメだということです。手紙を添えるだけでも違うだろ
うし、相手を知り、相手にとってさらなるプラスな気持ちを提供でき
るかが重要です。だからこそ、相手の想定する2歩も3歩も先のこと
をできる限り想像して、「おもいやりのこころ」にて対応することで、
ビジネスの正のスパイラルを生み出していくんです。それが「レベ
ル3の視点」にて働くことで得られる威力です。