『読ませる自分史の書き方』(工藤美代子著)2019/05/14 19:17

>どんな人生にも書くべきことがある

~①魂の救済行為

  戦争体験>貴重な体験と秘めたる思い・・・辛い思いや苦しみは
  押し込めておいてはダメ。話したり書いたりすることで、人はその
  思いから解放される。
  親との激しい葛藤で、心中に渦巻く不満が根強く残っている場合
  ・・・罪の意識を抱えて生きている人・・・
  体験を文字にしていくことに自浄作用があり、書くことで救われる
  から。

  自分が書いた文章は、完璧でない。それでも、たとえそれが勘違
  いや偏見の塊であったとしても、絶対に自分自身を裏切りません、
  そこにあるのは自分にとっての真実で、大切に心の奥深くしまい
  込んでいた真実を、少しずつ文章で綴っていく、その過程は、想
  像するよりはるかに楽しく、今まで背負っていた重い荷物をゆっく
  りと降ろしてゆく行為となる。

~書き上がった自分史を最低でも一週間、できれば一ヶ月くらい
  「寝かしておく」と、読み返した時に想像もしていなかったような
  新たな発見(「気付き」)があります。赤裸々に綴った過去から、
  これまではまったく気づかなかった自分の欠点や言い訳や後
  悔が浮かび上がってきます。人間は思いのたけを書くことで、
  自分の知らなかった自分に出会える。ああ、そうか、これでは
  仕事が失敗したのは当たり前だとか、あの人の恨みを買った
  のも無理なかったとかわかるのは、文字を通して初めて自分
  を客観的に眺められるからだ。

~「死」を意識すると、人は書きたくなる

~②記録として(子どもから孫へ、孫からひ孫へ)

~③自己表現の第一歩

>書き上げるための七つのコツ

~①時系列で書く必要はない

  思いついたところから記す・・・書きやすいところから先ずは飛
  び込む。構成や章立ては後回し、細切れ可、先ずは頭に閃い
  たことを書き留める作業から始める。
  書いたものは一まとまりごとに内容がよくわかるタイトルをつ
  けて保存する。「自分史」フォルダを作れば便利。・・・記憶の
  断片を糸口に・・・記憶が蘇り、芋づる式に古い思い出がたぐ
  り寄せられ、チョイチョイとファイルを書き足して行く。

~②柱を立てる

  趣味、仕事、家族、人生で大切にしていること、興味の対象
  ・・・なんでも構わず、ある程度まとまったことが書けそうな項
  目を柱として立ててみる。そして、その柱を念頭に編み込むよ
  うに書き綴る。

~③初めての体験を項目に

  いいことも悪いことも含めて、忘れ難い初体験について、まず
  は項目だけ書き出してみる。初めて自転車に乗れた時、初め
  てメロンを食べた時、初めてのデート等々。

~④書きたくないことはすっ飛ばす

  書きたくないことを書いてしまえば、魂の救済になり心が解放
  されるのかもしれない。でも、それ以前にその時の自分に向き
  合うのが絶対にイヤ、思い出したくもない。・・・自分史は書き
  上げてナンボのもの・・・書きたくないことには無理をせず、すっ
  ぱり忘れてしまいましょう。とにかく書き切ることです。

~⑤「私が主人公」の小説スタイルで

  書きたい気持ちがあるけれども、様々なしがらみがそれを許
  さない、というケースでおすすめなのが小説の形で書くこと。
  
~⑥途中で他人に見せない話さない

~⑦中途半端に終わらせる

  どんどん書き続けるためのテクニックとして、「あえて中途半
  端なところで書きやめる」のです。頑張って予定通りに書き
  上げでしまうと、次の章になかなか手がつけられないことが
  多いから。自分史というものは、立ち止まってしまったら、そ
  の瞬間に終わりです。一度立ち止まると、書くのが億劫にな
  り、そのまま数ヶ月経ち、一年、三年と経ち、結局やめてしま
  う。それを避けるために、切のいいところでやめずに、中途
  半端に終わらせるのです。

※ ブログ;フェイスブックなどに行動の記録を綴ったりするのは
   記録そのものが自分史を書く時に役立つ。ただ、感情はそ
   のたびに垂れ流すよりも溜め込んで煮詰めてから表出した
   ほうが、表現としては磨かれます。

>とにかく毎日書き続ける!

『読ませる自分史の書き方』#22019/05/15 08:30

>読ませるための五つのポイント

~①自慢話を書きすぎない

  自分史に共通するのは、やたらに長いということ。ですから、
  先ず、「自慢話を禁ずる」ことを徹底的に自らに課すこと。
  自分史の難しさは、苦労話はどうしても自慢めいて聞こえて
  しまうことだ。だから、上手く行ったことや誇らしく思っている
  ことばかりを書かずに、苦労したこと、辛かったこと、悲しかっ
  たこと、イヤだったことも書き込んでバランスを心掛ける。
  例えば、闘病記は、書くことで魂の救済になります。ある厳し
  い状況と闘って、遂に打ち勝つプロセスは仔細に記すべき
  でしょう。でも、その結果収めた成功とその後については、事
  実をさらっと書くに留めましょう。そこで筆をすべらせると、折角
  の苦労話が台無しになります。

  成功した話ばかりか、苦労話も失敗談も身に降りかかった不
  幸も、度を超すと自慢になるということ。自慢という我が身の
  アピールです。だからこそ、淡々と事実に語らせることが大切
  なのです。謙虚に控えめに書くことを肝に銘じてください。

~②自分史を復讐のツールにしない

  誰もが背負っている「念」(残念;執念;怨念など)を、自分史
  に盛り込むことは、決して悪いことではない。誰もが持ってい
  るものですから、プレゼンテーションの仕方によっては共感し
  てもらえる可能性も高く、スパイス的な役目を果たすことで
  しょう。けれども、くれぐれも醜く書かないように、サラサラと
  爽やかに書くことを心掛けてください。

~③事実を淡々と書く

  闘病記に共通する弱点は、自己憐憫になりがちなこと。・・・
  その感情を突き放し、病気に苦しむ自分の心を冷静に観察し、
  病状をきちんと描写しているような事実が淡々と書かれてい
  るものが読者に感動を呼び起こすのです。どうか事実に語ら
  せることを心掛けてください。

  闘病体験に限らず、辛い体験をされた方、悲しみの渦中に
  おられる方、何かと闘っている方には、是非とも自分史を書く
  ことをお薦めしたいと思う。書くことで苦しみから逃れること
  は難しくても、書くことが闘う力になるかもしれない。そんな希
  望を持って書いていただきたいと思う。

  「事実を淡々と書く」ことで、少しでも自分の感情から離れる
  ・・・自己愛や偏見、差別意識が強い人の文章はどうしても
  表現が過激になったり情緒過多になりがち。自分に酔ってし
  まうと、対象との距離感を保つことが至難の業となってしまう
  のです。

  あふれそうな感情を抑えに抑えて、最後まで自分史を書き
  通せば、自分を客観視する眼差しを身に着けられ、それは
  必ずやその後の人生に役立ちます。冷徹な眼他人にでは
  なく、自分に向けてこそ意味があるのです。

~④できるだけ本当のことを書く

  いざ書き出すと、その途中で、殆どの人が「不作為の作為」
  に引っかかる。あなたの筆は、イヤな思い出をすべてスルー
  してしまう。・・・そして、大好きな人たちのことは、いささか美
  化して書いてしまうかもしれない。・・・人間は自分にとって大
  切なこと、気持ち良いことしか書き込まず、さらには無意識に
  事実を創作してしまうか削除してしまう動物です。

  嘘を書きたいのなら小説にすればよい。・・・でも、プロの作
  家のように、最初からフィクションを書こうとしてはダメ・・・
  あなたの人生をあなたが書くからこそ意味があり、そこには
  できるだけ嘘がないほうがいいのです。

  また、自分では気づかずに、自分のイメージを固定してし
  まっているので、それが本当の自分の姿から微妙にずれ
  ている人もよくいます。・・・あなたは今のあなたの姿を正し
  く認識して、無理な辻褄合わせをしてはいけない。

  (ホラ話は封印するとしても)自分なりに多少の演出をしても
  許されると考えられる。「そのまんま」は書きたくない場合、
  どんなに酷い別れ方をしたとしても、「そうせざるを得なかっ
  た彼女の気持ちもわかるし、俺にも反省点がある」的な書き
  方になるのではないでしょうか。
  過去を美化する(男に多い)のも、なかったことにして忘れる
  (女に多い)のも、人間の生命力のなせる業だから恥ずかし
  いことではない。

~誰かの体験を自分の体験にしてはダメ

  「パクリ」をやったらおしまい・・・昔のことを書こうとする時、
  定かではない記憶を補完するために、検索をかけると、
  パクルつもりはなかったけえども、情報を読んでいるうちに
  自分の体験であるかのように感じて、つしつい書き写して
  しまう。これは、致命的なミス。くれぐれも気を付けてくださ
  い。
  同時に、ブログにせよ活字になったものにせよ、自分が興味
  を持って書いたテーマを他の人も同様に興味を感じて書いて
  いるケースがあることも承知しておきましょう。

~⑤いい脇役を置き、脇役に照射して書く

『読ませる自分史の書き方』#32019/05/16 08:12

>人生を斬る七つのキーワード

~①出自

  自らの経験だけが人をつくるなんてとんでもないことで、その
  前に脈々と流れている先祖代々の「血」というものがあり、人
  はそこから逃れられないう運命にあると感じる。・・・血は争え
  ずで、出自から人生を見直してみると、今まで見えなかった自
  分の行動の意味が明らかになったり、説明できなかったことが
  腑に落ちたりする例もある。

~②時代

  時代背景をしっかり書き込めば、自分史は一気に充実した内容
  になります。時代を描くことで、個人的な体験が〇〇の時代を生
  きた一人の人間の証言として読み手に認識されます。
  ・・・自分史の主役は自分でも、一人では持たないから、脇役を
  登場させ、さらに舞台装置や小道具をしっかり作り込みましょう。

~③お金

  何を書いたらよいのかわからないという人におすすめなのが、
  テーマを一つに絞り込んで、そこから発展させて行く方法・・・
  アイデアを出す場合でも、記憶を辿る場合でも、漠然と考える
  よりも、制限を加えたほうが豊かな発想につながるものです。

  お金との付き合い方には、その人の人となりが浮き彫りになる
  ばかりか、後世の人にとっては生きる道しるべにもなるし、励み
  にもなる。

~④趣味

~⑤宗教

  何か衝撃的な出来事に遭遇したり、大きな不幸に見舞われた
  り、価値観が揺さぶられるような強烈な体験をしたりすると・・・
  ある人は洗礼を受け、ある人は仏門に入ったりするのでしょう。

  どのような形であれ、きっちりとその経緯を追い、心情の変化を
  丁寧に綴りましょう。辛い記憶に繋がるのかもしれませんが、
  良くも悪くも人生に大きな影響を与えたトピック。しっかり書き
  込めば読み手の精神に深い影響を与える自分史になる。

~⑥恋愛

  ・・・秘めた恋は、相手のあること、つまりは道ならぬ恋である
  場合も多い。誰にも迷惑をかけないよう、個人の特定を避ける
  など表現に工夫は絶対に必要となる。

~⑦秘密

  昔の恋人の名前を匿名にしたり、プロフィールを少し加工する
  といったレベルでは済まず、事実そのものを隠したままお墓の
  中まで持っていかなければならないような「秘密」を抱えている
  のが人間というもの。そして、その「秘密」こそが人生の核心で
  あったりするので、始末が悪い。・・・そこにこそ、自分史の本質
  がある。それを書き上げない限り、執筆はいつまで経っても終
  わらない。

  それでは、その「秘密」をどうやって自分史の中に書き込ませ
  るのか。誰も傷つけずに記録が残せるのか。
  逃げ道は、他人(同僚、従兄弟など)の体験談として書くことで
  す。その体験についてのあなたの思いは、聞いた話に対する
  感想として淡々と書けば良い。・・・なんだか不誠実な感じがし
  てしまうかもしれませんが、少なくとも、書かないよりも書いた
  ほうがずっといい。書かずに済ませたら、人生の中の大切な
  何かが欠けてしまう。

>つまらない人生は存在しないが、つまらない自分史は山ほど
  存在する

~もったいなくてもドンドン削れ

  最後までr書き終えたら、読み直して、内容を吟味し、要らない
  部分は容赦なく削り取っていく作業が必要となる。一章全部が
  不要・・・接続詞の「だけど」「けれども」「だが、しかし」などが、
  何の意味もなく使われている・・・どこまで捨てられるかが勝負
  ・・・最初の作業はひたすら資料を集めること、そうしたら、後は
  しゃにむに書き進める。でも、その次の作業は潔く捨てることに
  なる。問題はこれがどこまでできるかです。

~強すぎる自己愛とは決別しよう