バクチは人生の教科書である#22019/01/12 10:08

ガマンはやめよう:

僕らは焼け跡の中で、みんな不良少年だった。それがいつの間に
か高度成長になり・・・円高の波をくらって、・・・気がついてみたらモ
ヌケの殻の自分がいた。足元を見透かされ、要するに、戦後民主
主義のモルモットにすぎず、「一生懸命働けば報われる」というお
めでたい半生を送ってきた。

永井荷風は三十歳で慶応大学教授となったが、・・・女と別れると
きは、弁護士を介すのが荷風流であった。・・・一代の蕩児荷風は、
最後は、破れ畳の上で、誰にも看取られずに死んだ。それが不良
老人荷風の面目である。

愛と尊敬のない家庭なんて捨ててしまえ。・・・悲しいことに、「去
勢されたオス軍団」としての自覚のなかに、ひたすら無為の日々
を過ごす・・・先ず、最初にやることは会社を辞めることだ。・・・

不良の条件:

(1)バケることから始まった・・・自分をだます味・・・いつもニコ
ニコして、決して怒らず、・・・そのぶん偉そうに振る舞い・・・そ
のうち、「独善的だ」「カッコつけている」「自己中心的エゴイスト」
と言われるようになった。そのあげく、かたっぱしから、

(2)女に嫌われるようになった。
これが不思議と不良の快感なのであった。もともと女にはもてな
かったが、さらにもてなくなった。しかし、他人にアッと言われるよ
うな女には好かれたのである。・・・不良レベルが上がったように
感じた。・・・(会社を辞めたら)女も離れて行った。女は、雑誌編集
長としての僕に好意を寄せていただけで、僕個人に好意を寄せて
いたのではない。・・・当然のことを経験するのも不良の修行になる。

(3)会社を辞める・・・怖いものはなんにもない。ただ収入がなくな
るのが困った。・・・しかし、金がないというのは、やってみると、そ
れほどどうということはない。・・・それで、

(4)コジキをした。物乞いをするわけではなく、住所不定者で、
・・・新橋のガード下に坐って一日中寝ていると・・・不良の根性を
磨いたような気になった。世間の常識を裏側から眺めると、それま
で見えないものが見えてきた。それでも一年たつと飽きてしまって、

(5)再就職をした。・・・出版社を作って・・・宣伝のために

(6)テレビに出た・・・(年収1億円時代・・・金を使ってのやりたい
放題の不良)・・・

(7)吐血した・・・(入院)・・・(株でスッカラカン)・・・

(8)バイク乗りになる・・・ぼくは正常な社会人である。・・・フツー
に暮らしながらも、世間のルールに嵌められて、お仕着せの一生
を過ごすのが嫌なだけである。ちょっと不良になればいい。

(9)ビンボー・・・五十歳になったとき、もう、ムキになって金を稼ぐ
ことはない、と決意した。・・・本当に自分本位に生きるのはこれか
らで、なにをやってもいいのだ。
ゴーガンが安定した仕事を放棄して、ある日突然「画家になる」と
言い出した・・・

バクチは人生の教科書である#12019/01/11 09:54

阿佐田(哲也)流「いい負け」とは:

阿佐田さんは五十歳になったとき、「これからはやりたいことはなん
でもやる。五十歳紀年としてかたっぱしから女に子どもを産ませるんだ」と言った。
(立川競輪場で)その日のレースは、僕(嵐山光三郎)は五勝二敗。
収支はプラス七万円くらいだった。阿佐田さんは全レースをはずした。・・・「今日は、いい負けだった」・・・負けを取りにきたのだ。それ
も、自然体の負けを取りにきたのであった。

阿佐田さんは、一日毎に勝ち負けを表をつけていた。一日のうち、
いいことが一つあると一勝で、嫌なことが一つあれば一敗だ。それ
ぞれの日の勝ち負けを決める。例えば、五勝四敗とか五勝六敗と
いう具合だ。これを続けると、毎日の運の流れがわかる。その流れ
を読んで勝負に出る。運は気まぐれで、人間の意志とは関係なく
やってくる。運はあらゆる人間に対して平等である。それにもかか
わらず、運が強い人と、運が悪い人がいる。それは、運を見る目が
あるかないかにかかわっている、というのが阿佐田さんの考え方だ。

誰もが運を呼び寄せようとするが、運は気まぐれで呼んでも飼い猫
のようにはやって来ない。とすれば、こちら側から運に擦り寄って行く
しかない。・・・一日ずつの勝敗表(運のバイオリズム)をつけ、勝ち、
勝ち、勝ち、と勝ちの日が三日も続くと、阿佐田さんは外を歩かない。三連勝した後は、負ける確立が高い。・・・連勝した時は、自然に負
けがくるようにひたすら待つ。ところが、あせるあまりワザと負けると、天が下している運をいじることになる。運の神様に逆らうことは最悪
である。わざと負ける人間は、イザ勝とうとしても勝つことはできない。・・・自分にいい運が来るのをひたすら待つ。その時を逃さず一
気に勝負に出る。その運の読み方で、すべての勝負が決まる。

勝ち、勝ち、勝ちと来ているときは、いい負けが来ると、・・・(今度
は)(強力な)運が来る・・・その運を待とうと・・・

相場師はなぜ負けるか:

相場は命がけのギャンブルだが、負けた人に共通しているのは、
攻めて攻めて攻めまくる性格である。引き時を知らない。・・・引くと
いう発想がない。・・・そして最後は大負けして終りとなる。

(このギャンブルの魔力に引き摺り込まれるムズムズする虫を抑
えるには)競輪競馬は日収以内でヤレ、ということ・・・年収365万
円の人は一日一万円が上限・・・一日分がその人の能力であり、
格である。分をわきまえずに能力以上の金をつぎ込むのは思い
上がりである。思い上がった者が敗れる・・・

ギャンブルには、運がつきまとう。勝てば、その運はなにものかの
代償である。勝ったその分、別のところで損をしている。気がつか
ないところで損をしている。気がつかないところで負けている。「禍
福はあざなえる縄のごとし」で災いと幸運は表裏転換する。大穴を
当てたときに注意しなければいけないのは当然のことである。また、
ギャンブルで負けた日は、そのぶん、なにかいいことがある。負け
て喜ぶのがプロのギャンブラー心理なのだ。

やくざの大親分は、賭場で負ける。負けて大金をポンと払って大
物ぶりを見せる。賭場で勝ってばかりいる親分は、大親分になれ
ず、あまり勝ち続けるとうらまれて殺される。

勝負は一日単位である。負ければ負けたで次の日に頑張る。
それで負ければ、また次の日がある。一日でチャラにする。

ギャンブル養生訓(浅田次郎)2019/01/10 20:32

・バクチは一にも二にも努力。運だと思うのなら宝くじを買え

・あれこれやるほど簡単ではない:終生競輪一筋であった父は、
私を誘ったことが一度もなかった。「お前は競馬をやっているの
だから」というわけである。
一度ダービーの指定券が余ったので父を誘ったところ、「興味
がない」と一蹴された。

・酒と女はご法度:父は酒も飲み、女道楽もしたが、競輪場で酒
を口にしたり、女を同伴したことはなかったそうだ。

・バクチは体力。健康な体が健康な状態でなければ勝てない。

・すべてのバクチの勝敗を左右するものはテラである

・バクチは何よりも面白い。だが、他にやらなければならないこ
とは、いくらでもある。
※ バクチを学び、人間を学ぶ

Arbitrage operation2018/04/04 09:37

1) 山種はサヤ取り(arbitrage)で成功した:

 「どんな場合にもヘッジ(保険つなぎ)を忘れない」

 現物の買いをすれば、必ずどこかの先物限月に売り玉を建てる、
 or 株式市場で買えば、商品市場で売りヘッジをする、etc., etc.,
  といったように幅広い arbitrage で、常に危険を防いだ。

2) 相場は「少数派が勝つ」ことを忘れるな:

 (仲間が少ない)反人間的行為が要求される

 銘柄選択ではなく、売買のタイミングをとらえること(売買術)に
 注力すること
 売りがうまく行かないのは「欲をセーブできない」からである(欲
 との戦い)。はなから欲に駆られて始めた投資の欲をセーブす
 る、はてまたその欲がなければ続かないのであるから、欲には
 よくよく苦しまなければならない

 売りで儲けることの方が、買いで儲けるより何倍も価値がある。
 しかしカラ売りはリスクが大きすぎるので、ロングの現物を背景
 にしたヘッジの売りを実行すること

3) どんな環境下でも儲けつづける策はあるか?

 成功は一瞬の決断で決まる。いちいち思考を巡らせていては遅
 れをとる。・・・冷静な判断力の源は修練された精神力から生ま
 れる。修練の回数を重ね、身体の一部と化さなければ遅れを
 とるのである。
 
 どんなことでも、成功しようと思うなら、(自分の感情を)self-
 control しなければならない。
 自分の感情のままに、買いたいから買う、売りたいから売ると
 いうことを繰り返していたのでは上手く行くはずがありません。
 ・・・自分の自然の気持ちに逆らって、イヤなことだけをやって
 いれば成功は約束されるわけです。

4) ヘッジを総投資額の3割~5割~7割と時期や環境に合わせ
 て行っているか?

5) 高値をつかんだら損でも即刻投げろ!

 10%下がったら売れと言われている。それでは遅すぎるので、
 高値圏で様子がおかしくなったら、すぐ投げること。天井とは火
 事だと知ることです。急いで逃げることです。・・・天井では株を
 怖がり、底になれば安心して買わなければなりません。

 ナンピンはやるべきではなく、一刻を争って投げなければなり
 ません。
 ※ 底値圏での買い下がり、天井圏での売り上がりは、テクニックで     す。

朝の日課と後場寄りブレイクアウト2018/04/03 09:26

from http://www.jiroscorp.com/


トレーディングに複雑怪奇な手法は必要ない。・・・途中でルール
を変えずに、自らのシステムを確信をもって実践し、継続する・・・
その優位性をどこまで高めることが出来るかが勝負である。

もしも1日の目標金額が5万円としていたら、朝の数分間で目標を
達成して、あとは遊びに出掛けたほうが気が利いている。

9h30前後~10h前後:

朝のギャップはたいてい揺り戻しのために戻ってくる(朝の1時間
は揉み合いながらよく動く) ~ 大衆は寄り付きで買うのが好き
だから、その逆、つまり寄り付きを逆張りで挑む(前日終値の下
10円に買い、その上10円に売りの注文を入れておく;もし寄り付
きギャップが15分や30分、あるいは1時間以内に満たされない
場合は、トレンド・デイとなる可能性が高いので、それぞれのレン
ジのブレイクアウトで、倍返しのドデンをすることになる)。

揉み合いを取るときは、1、2枚で行い、そして朝の15分は寄り付
きで仕掛けた注文の利食いを、50~70円で行う。さらに、そこか
ら20円ほど離して、今度は新規でエントリー注文を指値で入れて
おく。225デイトレードの世界はスピードの世界、中でも「朝の日
課」はスピード感のある戦略である。

その後は、15分や30分の高安を抜けた方向に倍返しでドデンを
する!最初の方向が合っていれば、利食いを遅らせたり、注文を
キャンセルしたり移動させたりしながら、ポジションを積み増してい
くことになる。

朝の日課はダメでもいいので、とりあえず、最低1枚は逆張りで
挑む。そこから今日のトレードが始まるのである。

12h30 & 13h前後~14h前後:

後場の寄り付きに順張りで挑む(後場寄りブレイクアウト;後場の
流れを見極めるプロの出動)

14h、14h30:後場の長い揉み合い後の放れ

トレーダーの基本2018/04/02 09:20

1 トレード目標を立てる

2 メンタル・タフネス:

 self-control:人間心理がトレーディング・ビジネスのキーポイント
 である。迷うときには手を出さない。自信がある時に仕掛けて、幸
 運を掴めばよい。・・・マーケットが自分に味方してくれる時まで、
 その場を耐え忍び、一歩引いてただ待つことで満足する。マイナ
 スになるよりもゼロのほうが得であることを知っている。

 忍耐には3種類ある。
 1つは正しいトレードのチャンスを待つための忍耐。
 次に現在持っているポジションの利益を伸ばすために待つ忍耐。
 そして、少々の損失を我慢して、ストップ・ロス・ポイントまではポ
 ジションをキープする忍耐だ。

  TOPS COLA (take our profits slowly, cut off losses at once)

3 Money-management:

 重要なのは予測の精度の高さよりも、予測が的中しているとき
 にどれだけ資金を増やせるか、予想が裏目に出たときにどれ
 だけ資金の減少を抑えることができるかである。

4 取引画面がシンプル;
:
 現物株には手を出すな!(現物株の長期保有はリスキー)
 来年の予測などしない!(明日の予測でさえ困難)

5 トレード回数が多い

6 ザラ場中は画面に張り付いていること:

 本業その他の用事があり、一日のうちで場に参加できる時間
 が限られている場合や、ある期間、旅行などで相場を追えな
 いという場合は、ポジションを手仕舞っておくか、小さめのポジ
 ションとストップ・ロスの注文を出しておくべきだろう。

Nomad-life2018/04/01 06:00



1) できる男は「不利と見れば待機する」

2) 「つぼ」を抑える人間にはすべてが見えてくる

3) 今日の幸福より「明日の不幸」に目を向けよ

4) 莫妄想のクセをつける:

> 集中力の涵養; 直感力に基づく判断の醸成

5) 道(松下幸之助)

   「自分には自分に与えられた道がある。広いときもある、
    狭いときもある。上りもあれば下りもある。しかし、心を
    定め希望をもって歩むならば、必ず道は開けてくる。深
    い喜びもそこから生まれてくる。」

6) 貧乏嫌なら頑張ろう:

> ローカル・ルール(不透明な慣行の内輪の環境)から、グロー
   バル・ルール(自由と自己責任を主軸とする法治主義と情
   報開示による透明かつフェアな市場競争)での競争へ転換

7) 常にチャンスと考える: ポスト・サラリーマンの時代

> 一人で獲物を追うハンターのように独立して、「利潤追求マ
  シーン」を操縦し、カネモウケの仕事をする

悪手は悪手を呼ぶ2010/09/19 20:28

  (出所不明)


へぼな手を打ったと判断したときは、あきらめて手仕舞いすること。
(失敗の確定)


成功は「一夜限りの単発興行」
失敗は「大河ドラマ」で、上演される。


金融商品は、基本的には、商品を設定する側(販売側)にとって
有利なものとなっている。
したがって、
相場の潮目に投資する他に方法はない。
その期間は、1~数日の波と、半年あるいはそれ以上の大波とが
存在する。
ただ、ダメと直感したときには即時の手仕舞いが緊要である。

新井邦宏(トレンドライン)講演会2010/09/18 20:20

 (Kabu.com 主催)

・ 225Future のデイトレに必勝法は存在しない
・ くだらぬ質問をする人を見たら、そこにカモがいると思えばよい
・ デイトレをするならば、position は operation の最中にのみ保有
  すること
・ 日銀が介入したらどういう動きとなるのか、過去の事例を思い
  出せ


・ 高値超えたら買えば良い、安値割ったら売れば良い


○ 勝率ではなく、いくら取れるのかを考えよ!
○ 好機であるか否かが問題であって、取れないときには何をし
  てもダメ


◎ 自分が何をしたいのかを先ず決めろ! そこから、すべての
   operation が決まってくる
◎ (自分の決めた)ルールを守れ! これが絶対。ゴルフのス
   ウィング 矯正と同様、意識して、意識して売買する