Social Distance2020/05/28 15:24

  ※ COVID-19 感染拡大予防の営業自粛が解け、再開

お玉ヶ池2013/01/21 20:51

「神田お玉ヶ池の千葉道場」なる「お玉ヶ
池」を求めて、岩本町辺りをうろつき回っ
てみました。分からないことは未だありま
すが、備忘録用にまとめておきます。

先ず登場する方は太田道灌です。彼が江戸
城を築造(1457年)し、その鬼門を封じる
べく、「川辺に柳を十町にわたり柳を植え
た」。これが大きくなり、「柳の森」と称
して、さらに「柳原」となったものである、
と『柳森神社略誌』は伝えています。現在
も、柳原土手は、萬世橋から柳橋まで、神
田川沿いにその後をたどって歩くことがで
きます。
道灌の頃、川筋は2本ありました。平川と
谷田川です。江戸城の眼前を流れていたの
は平川で、麹町台地と本郷台地西側の間を
下り、大手町辺りで海(日比谷入江)に注
いでいました。谷田川は、本郷台地東側と
上野台地の間を流れ、不忍池、お玉ヶ池を
通り、江戸橋辺りで海(荒川(現、隅田川)
河口)へ注いでいました。多くの先学が
「お玉ヶ池は存在した」とする根拠の一つ
がこれです。長禄2年(1458)に、平川を
神田錦町辺りから川筋を東側に曲げて谷田
川河口に合流させたり、谷田川も同様に流
路を、後に神田川となる川筋に変えたよう
です。とにかく、植樹と流路の変更でお玉
ヶ池は消えたようなのです。

次に、徳川家康が天正18年(1590)に江戸
にやって来ました。徳川歴代将軍は、運河
を掘って、水を抜きながらの埋め立てを、
寛永が終わる頃(1643年)までしきりに繰
り返しています。その過程で、慶長10年
(1605)、再度の工事が行われました。こ
こに神田川が出現します。これで、筋違橋
(昌平橋と萬世橋の間、元の交通博物館の
一帯)から下流へは水源がなくなりました。
ただ、依然として湿地で、水たまりのよう
なお玉ヶ池は残ったようです。そこで寛永
年間に、岩本町から鍛冶町の一帯を埋め立
てました。

多くの先学の話をまとめると以上のように
なるのですが、何と言っても不思議な事は、
お玉ヶ池は二度、姿を消したことになって
しまうことです。このような訳ですから、
想像をたくましくして、お玉ヶ池なる地名
をもう少し探ってみます。
それは、つまり、お玉ヶ池は溜池であった
のではないか、ということです。「溜池」
地名は、上流からの真水と下流からの海水
が合流して池のようになるところです。だ
から、上流で水路を絶たれても水は抜けず、
本格的に埋め立てなければならなかったの
です。そういう場所だったわけですから、
「お玉ヶ池」を今も冠して、この場所の記
憶を伝えているのでしょうか。

旧「萬世橋駅」写真パネル2012/12/19 09:20

東京駅がお色直しで話題を集めています。
赤煉瓦駅舎ということでは、萬世橋駅も忘れられない
でしょう。こちらはエリア再開発中です。
震災直後の写真パネルが実物の代わりに貼ってあ
りました。恐らく、筋違門の在った辺りでしょうか。

筋違橋2012/12/18 09:27

筋違橋(絵図の上のほうの橋)は、江戸城36見附の
一つでした。
現在は存在しませんが、萬世橋と昌平橋の間に、筋
違門とそれに付属する橋が架けられていた、と伝え
られています。将軍家が日光参詣の際に利用する御
成道と中山道とが分岐するところからの命名でした。
万世橋から昌平橋方向に150m位の場所にあったよ
うです。

アキバガハラ2012/12/07 13:56

秋葉原UDX の地は、明治2年に9000坪の火除け地で、
遠州秋葉大権現を勧請して祀ったところから、「アキバ
ガハラ」と呼ばれていました。
昭和になって、駅ができると「アキハバラ」となりました。

我らの世代が子どもの頃、年寄りはアキバと発してい
ましたが、近頃トンと聞かなくなりました。

柳森神社2012/11/23 14:01


太田道灌が江戸城創建時に鬼門封じに柳を植え、
稲荷社を祀った。既に柳の森は失せてはいるが、
秋葉原駅歩5分の立地では致し方ありません。

お玉ヶ池種痘所跡2012/11/21 14:06

東京大学医学部はここから始まりました。

お玉ヶ池神社2012/11/18 14:10

繁栄お玉稲荷大明神。

不忍池より大きかったお玉が池は、千葉周作の
玄武館で有名。我らの世代だと赤銅鈴の助が通っ
ていた道場で知られています。

花巻市内#22012/05/23 14:59

花巻マルカン、割り箸で食するソフト。150円

花巻市内#12012/05/23 14:54

宮澤賢治『春と修羅』の印刷所跡